仕事×副業×ライフハック

副業HACK.com

【クイズ】国名漢字いくつ読める?

全問正解率5%以下の難問クイズ

副業ハック 副業紹介 太陽光発電投資

【副業紹介】[産業用]太陽光発電投資

更新日:

地球環境を考えている方におすすめ!『産業用太陽光発電投資』の副業をご紹介します!

 

『産業用太陽光発電投資』の概要

副業分類 投資系
仕事内容 なし(投資)
初期費用 約500万円~約2500万円
期待収益 利回り約10%~13%
稼ぎやすさ ★★★★★
手軽さ ★★☆☆☆
リスク ★★★☆☆
スキルセット 太陽光発電投資に関する基礎知識

 

『産業用太陽光発電投資』とは?


太陽光発電投資とは、ソーラーパネル(発電設備)、またはソーラーパネルを設置する土地のオーナーとなり、その発電設備から発電された電力を電力会社に販売して収益を上げることを目的とした投資です。

太陽光発電投資は、太陽光システムの出力の大きさによって「住宅用」と「産業用」に分類されます。

出力 10kW未満 住宅用
出力 10kW以上 産業用

また、「産業用」の中でも、さらに以下の分類がなされます。

出力 50kW未満 低圧
出力 50kW以上 高圧・メガソーラー

「高圧・メガソーラー」は投資金額が5000万円から億以上と高額のため、一般的にサラリーマンが副業として太陽光発電を行う場合、投資金額が約500万円~2500万円となる「低圧」が一般的です。

 

『産業用太陽光発電投資』の利回り

「低圧」の産業用太陽光発電投資の利回りは約10%~13%が一般的な値であり、管理会社へ支払う費用を差し引いて、十数年程で投資金額の回収することができます。

 

『太陽光発電投資』で稼ぐ仕組み

太陽光発電投資は、発電設備で生産した電力を電力会社に販売することで売上をあげます。
販売業者に支払うメンテナンス費用ローン返済費用などを差し引いた金額が利益になります。

 

FIT(固定価格買取制度)について

太陽光発電投資を考える上で、絶対に知っておく必要がある制度があります。

それが『FIT(Feed-in Tariff・固定価格買取制度)』です。

太陽光発電で生産された電気は「再生可能エネルギー」該当します。

この「再生可能エネルギー」について、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度がFITです。

FITは、①東日本大震災後の電力不足を補うため、②再生可能エネルギーの普及を促進するために制定されました。

発電設備のオーナーは、このFITの内容に従い、電力会社に電気を販売します。

出力10kW~50kW未満の産業用太陽光発電投資の場合、20年間、固定金額での買取が保証されます。

 

以下FITの概要です。

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。電力会社が買い取る費用の一部を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、より普及が進みます。


出展:経済産業省資源エネルギー庁「固定価格買取制度」(http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/

 

【FIT予備知識1】 FITによる買取価格は下がり続けている

FITに関する知識として、抑えておきたいのが、FITによる買取価格の推移です。

実はFITによる買取価格は年々減少しています。

出展:nippon.com

 

FITによる買取価格は年々減少している背景は以下のとおりです。

 

【FIT予備知識2】FITによる買取価格が下がり続けている理由

固定価格買取制度「FIT」は、①東日本大震災後の電力不足を補うため、②再生可能エネルギーの普及を促進するために制定されました。

そのため、導入された2012年7月当初は、エネルギーの供給元を増やすために、買取価格は高めに設定されていました。

そして、その結果、太陽光発電を中心に、電力事業者の新設法人数は増加していきました。

出展:東京商工リサーチ(http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20150827_01.html

出展:東京商工リサーチ(http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20150827_01.html

しかしながら、高い買取価格は、賦課金という形で最終的に消費者である国民の負担となります。

その状況を是正するために、エネルギーの供給元の増加に併せて政府は年々少しずつ、固定買取価格を下げていくこととなりました。

 

【FIT予備知識3】その一方で利回りはあまり変わらない

FITによる買取価格が下がることで、売上が下がり、それに伴い太陽光発電投資の利回りも下がるように思いますが、実は、太陽光発電投資の利回りは10%以上をキープして続けています。

その背景としてあるのが、パネル等の部材価格の減少や、技術進歩による性能効率の向上です。

太陽光発電投資を始めるお客さんを増やそうと、太陽光発電関連事業社の企業努力にって太陽発電投資は高利回りをキープしているのです。

出典:ソーラーサポートセンター(https://sorasapo.com/solar-investment

 

 

『産業用太陽光発電投資』で稼ぐために必要なツール

必要なツールはとくにありません。

情報収集のため、インターネット環境があると便利です。

 

『産業用太陽光発電投資』で稼ぐためのプロセス

『産業用太陽光発電投資』で稼ぐために必要なプロセスは以下のとおりです。

 

『産業用太陽光発電投資』の特徴

産業用太陽光発電投資のメリット

メリット1 利回りが高い

産業用太陽光発電投資の利回りは約10%~13%と、投資対象の中で高利回りの部類に入ります。

 

メリット2 FITによる長期買取保証

出力10kW~50kW未満の産業用太陽光発電投資の場合、FITの制度により、20年間、固定金額での買取が保証されます。

このことから、太陽光発電投資は「空室の無いマンション」とも言われています。

 

メリット3 メンテナンスが少ない

産業用太陽光発電投資は一度設置して運転を初めてしまえば、その後の労力はあまりかかりません。

一時期は「太陽光発電はメンテナンスフリー」と言われたほどです。

実際は、自然災害や鳥獣による糞害、イタズラによる機器の破損などにより定期的なメンテナンスが必要となりますが、メンテナンスをきちんとした会社に委託すれば、メンテナンスは管理会社が行ってくれます

大きなトラブルがない限り、オーナーが対処しなければいけないことはありません。

ただしFIT適用期間中は、保守点検結果を年に1回、経済産業局に報告する必要があります。

 

産業用太陽光発電投資のデメリット

デメリット1 ローン返済リスク

産業用太陽光発電投資は投資金額が約500万円~約2500万円と高額です。

そのため、サラリーマンが副業として行う場合、多くのケースでローンを組むことが必要となります。

もし、災害などにより、自分の太陽発電装置の発電が停止してしまった場合、ローン返済は、本業の給与など他の自分の収入から行うことが必要となります。

そのため、病気などにより働け無るリスクも考慮しておく必要があります。

ローン返済リスクを軽減する方法としては次のことが考えられます。

ローン返済リスクへの対策

次の対策を行うことでローン返済リスクを軽減することができます。

  • (太陽発電用の土地を併せて購入した場合)ローンを組む際、土地を担保に入れる
  • 発電が停止した場合に売電収入が保証される「休業補償保険」に入る
  • 給与保証がある保険に入る

 

デメリット2 詐欺リスク

FITは2012年に施行され、その際太陽発電投資に多くの事業者が参入しました。

現在に至るまで、多くの不良業者が排除されてきたと考えられますが、まだまだ油断は禁物です。

よくある詐欺行為として以下があります。

  • 太陽光発電投資の見積もり提案時に発電シミュレーションを詐称する
  • 実際には存在しない太陽光発電投資のサービスを売りつける詐欺
  • 太陽光発電投資の案件は実際にあるが不当に高額な工事費を徴収する
  • 太陽光発電投資は他の投資と違って確実に元がとれるなど元本保証を謳う詐欺

(引用:https://xn--o9j2jbpdd3oe0ff3622gs0tai90g7wvectb.com/sagi/#i-3

詐欺リスクへの対策

次の対策を行うことで詐欺リスクを軽減することができます。

  • 事業者の評判、企業情報についてインターネットなどでよく情報収集する
  • 太陽光発電事業者に対し、提示された数値やサービスについて、具体的な根拠や内容を確認する

 

③事業者倒産リスク

太陽光関連事業者の倒産件数は、4年連続で過去最多を更新しています。

出展:nippon.com

関連する事業者としては①太陽光発電投資の販売店②メンテナンス業者③発電設備のメーカーあります。

販売店やメンテナンス業者が倒産した場合、販売店がメンテナンスサービスを提供しているケースもあり、これらの会社が倒産した場合、メンテナンスが受けられなくなるといったデメリットがあります。

必要な書類を手元にきちんと用意しておくことで、他の会社さんにメンテナンスを移管することが出来る場合があります。

 

やっかいなのは発電設備のメーカーが倒産した場合です。

メーカーが倒産すると、設備に対するメーカー保証が受けれらなくなります。

万が一発電設備が故障した場合、その修理を無償で受けられなくなり、予定外のコストが発生します。

場合によっては、他社製品への交換が必要となること有り得るため、そのコストは甚大なものとなります。

状況によっては、太陽光発電の廃業にもつながってしまいます。

関連記事:

太陽光関連業者の倒産件数が過去最多を更新、これからの太陽光発電投資に必要なこと

 

事業者倒産リスクへの対策

次の対策を行うことで事業者倒産リスクを軽減することができます。

  • 販売業者選びの際、財務状況をしっかりと確認する
  • 倒産した場合の対応方法や保証内容を確認しておく
  • 設備に関わる書類を手元にきちんと管理しておく
    詳細はこちら
  • メーカーは「ソーラーフロンティア」と「パナソニック」など、大手企業の子会社事業の多角化をしている企業を選択する

 

④設備故障リスク

太陽光発電は太陽光を浴びるために、野ざらしで設置されます。

その特性ゆえに、太陽光発電投資には主に以下の設備故障リスクが存在ます。

  • 台風
  • 落雷
  • 鳥害
  • 経年劣化
  • 盗難、イタズラ

また、この他にも

  • 水はけ用の溝が枯葉や草で詰まりそうになる
  • 日射量が多すぎて1台パワコンのケーブルが焼け落ちる

といった、設備故障リスクも存在します。

設備故障リスクへの対策

次の対策を行うことで設備故障リスクを軽減することができます。

  • メーカー保証の他、必要に応じて保険に入る
  • 機器故障は、初期不良や施工不良が原因で起こることもあります。実績があり、竣工検査をしっかりと行うような、信頼できる業者を選びましょう。

 

⑤気候変動リスク

太陽光発電の発電量、売上は日射量によって決まります。

シミュレーションにより、ある程度の日射量と発電量の予測は可能ですが、絶対的な予測は不可能です。

 

気候変動リスクへの対策
  • 日射量はお天道様のみぞ知るもので対策のし様がありません。想定を下回る発電量となることも、計算に入れておくことが大切です。

 

まとめ

太陽光発電投資は不測の事態は多いものの、信頼できる業者を選択すればリスクは大きく減らすことができます。

始める際は手続きなど大変ですが、始めてからはほぼ何もしなくてもよいので、忙しいサラリーマンの副業にお勧めです。

是非、検討してみてください(^^)

 

おすすめ書籍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

太陽光発電投資 「マンション経営」よりラクで、確実に儲かる! [ 松田貴道 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/2/18時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーリスク・ハイリターンを実現するリゾート太陽光発電投資 [ 三宅邦夫 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/2/18時点)

楽天で購入

 

 

 

 

-副業ハック, 副業紹介, 太陽光発電投資

Copyright© 副業HACK.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.