仕事×副業×ライフハック

副業HACK.com

【クイズ】国名漢字いくつ読める?

全問正解率5%以下の難問クイズ

YouTube

YouTubeの動画再生パターンまとめ

投稿日:

YouTubeにアップロードした動画が、どのような経緯、ルートで再生に至るのか、その種類(パターン)をまとめました。

それぞれのパターンの特徴を知ることで、SEOや再生回数を増やす戦略を考える上で参考にして頂ければと思います。

YouTubeの動画再生パターンは以下のとおりです。

 

YouTube動画再生パターン一覧

YouTubeの動画再生パターンは以下のとおりです。

【YouTubeサイト内からの再生】
1.YouTube検索からの再生
2.トップページのおすすめリンクからの再生
3.関連動画リンクからの再生
4.「急上昇」ページからの再生
5.「登録チャンネル」ページからの再生
6.チャンネルページからの再生
7.その他YouTube機能からの再生

【外部サイトからの再生】
8.検索サイトからの再生
9.ホームページやブログなど他Webサイトからの再生
10.URL指定による再生

 

YouTube動画再生パターンは大きく2種類に分けられる

YouTubeの動画再生パターンは、「YouTubeサイト内からの再生」と「外部サイトからの再生」に分けられます。

「YouTubeサイト内からの再生」について

 

「YouTubeサイト内からの再生」はYouTubeサイト内の動画検索やリンクから動画が再生されるパターンです。

ネットユーザーがYouTubeのサイトを開いていることが前提となります。

ネットユーザーは「何かしらの動画を見たい状況」、あるいは「何かしらの動画を見終わった状況」にあるといえます。

「外部サイトからの再生」について

「外部サイトからの再生」は、Googleの検索結果や、ホームページやブログへの動画埋め込みなど、YouTubeではない外部webサイトから動画が再生されるパターンです。

ネットユーザは、調べ物やネットサーフィンをしている過程で、たまたま動画リンクを見つけます。

「動画を見ること自体が目的でなく、別の目的があるなかで結果的に動画再生に至る」かたちになります。

 

 

それぞれのYouTube動画再生パターンの説明

 

1.YouTube検索からの検索

YouTubeには動画検索用の検索ボックスがあり、キーワードを入力すると関連する動画を検索することが出来ます。

表示された動画リンクをクリックすることで動画再生ページに遷移し、動画再生に至ります。(以下同)

 

ユーザーがYouTube検索を利用する理由や状況は以下のとおりです。

  • 特定の観たい動画を探すとき(ミュージックビデオの検索など)
  • 特定のジャンルの動画を探すとき(「動物」、「漫才」など)
  • 動画を通して知りたい情報があるとき(料理の方法など)

 

2.トップページのおすすめリンクからの再生

YouTubeのトップページには、ユーザーの視聴履歴や属性に応じておすすめ動画のリンクが数多く表示されます。

おすすめ動画には、様々なジャンルのおすすめ動画がランダムに一覧で表示されるものや、ジャンル別、チャンネル別に分かれそれぞれのおすすめ動画が表示されるのもがあります。

ユーザーがトップページのおすすめリンクから動画を再生する理由や状況は以下のとおりです。

  • 暇つぶしのため、とりあえずYouTubeにアクセスしたとき
  • 動画を検索するつもりでYouTubeにアクセスしたが、魅力的な動画がおすすめに表示されたとき

 

3.関連動画リンクからの再生

YouTubeの動画再生ページでは、再生中の動画と関係性の高い別の動画が、関連動画として表示されます。

パソコンでは画面の右側に、また動画を見終わった後、動画再生画面に関連動画のリンクが表示されます。

ユーザーが関連動画リンクから動画を再生する理由や状況はは以下のとおりです。

<知りたい情報がある場合>

  • 再生した動画が思っていた内容と違った(目的を果たせなった)
  • 再生した動画よりもより良さそう(目的を果たせそう)な動画を見つけた

<暇つぶしで動画を見ているケース>

  • 再生した動画がつまらなかった
  • 暇つぶしのため動画を転々と再生している
  • 関連動画を転々としてより面白そうな動画を探している

 

4.「急上昇」ページからのからの再生

YouTubeには直近でよく再生されている動画を表示するページがあります。

「急上昇」リンクからそのページを表示することができ、今話題になっている動画をこのページから一覧でチェックすることが出来ます。

ユーザーが「急上昇」ページを開く理由や状況、動画を再生する理由や状況は以下のとおりです。

  • 話題の情報を押さえるため
  • 面白い動画を探すため(暇つぶしのため)

 

5.登録チャンネルページからのからの再生

YouTubeには登録したチャンネルの動画のみを一覧で表示出来るページがあります。

「登録チャンネル」リンクからそのページを表示することができます。

更新日順に表示されるため、登録したチャンネルの最新動画を一覧でチェックすることが出来ます。

ユーザーが「登録チャンネル」ページを開く理由や状況、動画を再生する理由や状況は以下のとおりです。

  • お気に入りのチャンネルの最新動画を観るため
  • 更新状況をチェックするため

 

6.チャンネルページからの再生

チャンネルページにはそのチャンネルがアップした動画が様々な形式で表示されます。

代表的なものは「動画」リンクから表示される投稿動画一覧です。

 

チャンネルページへは次のアクションで移動することができます。

  • チャンネル検索し表示されたチャンネルをクリックする
  • 動画に投稿されたコメントのユーザー名をクリックする
  • 動画再生ページの投稿者をクリックする

ユーザーがチャンネルページを開く理由や状況、動画を再生する理由や状況は以下のとおりです。

  • 興味のあるチャンネルを探している場合
  • コメントしたユーザーがどんなユーザーか気になった場合
  • チャンネル登録すべきか迷った場合
  • 他にどんな動画を投稿しているか気になった場合

7.その他YouTube機能からの再生

YouTubeの機能として、閲覧履歴の確認、「後で見る」機能、高評価(いいね)した動画の確認といった機能があります。

それぞれ、メニューから動画一覧を表示することが可能であり、それらのページから動画が再生されることもあります。

・履歴

・後で見る

・高く評価した動画

 


 

以上がYouTubeサイト内部から動画が再生されるパターンです。

続いてYouTubeサイト外部、他webサイトなどからYouTube動画が再生されるパターンを記載します。

 

8.検索サイトからの再生

Googleなどの検索サイトの検索結果として、YouTubeの動画が該当することがあります。

検索結果のリンクをクリックすることでYouTubeの動画再生ページに遷移し動画が再生されます。

Googleの場合、下記のようにサムネイルと説明付きで、検索結果としてのYouTube動画が表示されることがあります。

このケースにおいてネットユーザが動画を再生する理由や状況は以下のとおりです。

  • 検索サイトで検索した知りたい情報について、文字より動画で確認したい(上記画像の料理方法などは、まさにこれに該当するものかと思います)

 

9.ホームページやブログなど他Webサイトからの再生

YouTubeの動画は、ホームページやブログ内に動画コンテンツとして埋め込み表示させることが出来ます。

再生ボタンを押すことで、YouTubeサイトへ遷移せず、掲載されたWebページを開いたまま、動画が再生されます。

掲載者が埋め込み表示させる理由や状況は以下のとおりです。

  • 自身のコンテンツの説明のために動画が有効
  • 魅力的な動画を共有したい
  • 再生回数を増やしたい(自分の動画を掲載する場合として)

そのWebサイトに訪れたネットユーザが必要に応じて動画を再生します。

 

10.URL指定による再生

YouTubeの動画再生ページのURLをリンクまたはブラウザに直接していすることで、動画再生ページに遷移し、動画が再生されます。

具体例としてはメールやLINE、5ちゃんねるなどの掲示板などのコミュニケーションツールにURLが書き込まれたケースです。

受け取った側が動画を再生するか判断しますが、URLだけではどのような動画なのか判断できないため、URLと共に記載されたURLに対する説明や、URLを書き込んだ人の信頼性によって、その判断は変わってきます。

悪いケースでは、見えているリンクの文字はYouTubeのリンクですが、実際押してみると全く違うサイトに飛ばされるということも考えられます。

 

おわり

以上がYouTubeの動画再生パターンの一覧です。

 

-YouTube

Copyright© 副業HACK.com , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.